人気ブログランキング |

i was dancing when i was eight

d0084677_21132158.jpg


なんか結局、描き終わった後になると、何でも、どうでもよくなっている。
ああ、投げやりな感じじゃないよ。一応。

スッキリしている感じって言えばいいんだ。
洗ったばっかりのパンツをはいた時みたいな。

ああ、また誤解されそうだけど、毎日パンツは洗いたてのをはいているからね。

きっと、それがうまく言えないから描いているんだろうな。
きっとだけど。

特に紙に描いているやつはサッサッサと描けるから、
(最近は遅くなったけど…ワビシイ…1日じゃ描ききれなくなったんだ…)
その時の気持ちをこめやすいから好きなんだろうな。
紙というか、ドローイングは。

だから、本当はテーマみたいなものがあると邪魔くさいんだよな。
僕の中では。

でも、テーマがあると、実は結構サラサラと製作は進む。
悩む事が作品自体のみの事だけに絞られるから。

だから、どっちの時でも、ここで1人でゴタゴタと泣き言ばっかり更新している時は、
上手くいってない時なんだな、きっと。

まあそれと下のドローイングが良い絵なのかっていうと、また別の話だけど…。

でも自分で、何で自分は製作をする必要があるのかっていう事をしっかりしていないと、
若いうちはいいかもしれないけど、これからが大変そうだなって思っているので、
ちゃんとしたいです。というか、もうはっきりしているけど。

ただ、ちょっと、描けるうちに描いておきたいっていうだけで描いている感じ、に、
ちょっとなりかけていたので、ちょっと落ち着かないとな、っていう独り言でした。

(ルーティーン程怖いものは無い!と思う。からでした!!)

がんばれ!俺!!
やればできる子だよ!俺は!!俺は知っているよ!!!
良い絵描いているじゃない、俺!このままで平気だよ、俺!!!

d0084677_2115852.jpg

by meganediesoyoung | 2008-03-24 21:17 | 独りで喋ってる/speak aloud  

<< あのこがうみでぼくはつき/an... Das Ungeheuer D... >>